©2018 BY Katei Kyoiku Shien Center NPO

家庭教育の重要性を広く訴え、認識していただくための啓蒙活動

山本チヨヱ先生は一人でも多くの子供をつくためには様々な活動を全国にやっています。「一度公演を聞くと一生忘れない」と大人や子供でもよく声がよせられます。是非イベントなどに声をかけてください。
心理学、大脳生理学、社会学、幼児教育学などの優れた講師による講座を開設し、全国に展開します。この活動で新たな認定講師を養成し、良質なワークショップやセミナーを継続的に行う体制づくりを目指します。また、これらの活動を全国に広げていくため、各都道府県単位に拠点を設けていきます。

トピック

日本の将来を憂い、母親教育に立ち上がった

親が変われば子どもも変わる

勉強しなさい」といわなくても、子どもが伸び伸び勉強し成績アップ

これからの子育て

​など

カウンセリング

学校の相談員、先生など子供を助けたい気持ちがある人のためには特別講座を開いています。山本先生自身が相談し、様々な問題と相談にのります。山本先生が一生懸命一人でも子供を助けたいという気持ちが強いですが、NPOの経費などいろいろなコストがあります。

カウンセリング料について

カウンセリング料をお願いすることになっています。金額は基本的に一時間 5,000円です。余裕があって、全国家庭教育支援センターの趣旨に賛成きる方は是非寄付も考えていただけると助かります。但し、個人の都合により別途ご相談ください。

家庭教育アドバイザー 

養成講座

A better world, one child at a time

"親に愛情があるかぎり

​子供に希望がある”

山本チヨヱ先生は60年近く教育に関わってきました。カウンサラーということができる前でも多くの子供や親と一緒に様々な問題にたち向けて相談をしてきました。 ​

 

会社と家族は関係ない存在とは言えないです。家庭に悩みがあると仕事にも影響してきます。早くからコンセルイングを受けて乗り越える希望を与えると仕事も捗ります。

 

山本先生は企業からの依頼も受けています。家族の悩みを抱えながら仕事に集中するのが不可能ではないでしょうか?山本先生のカウンセリングを取り入れることによって効率をあげみません。

 

山本チヨヱ先生のプロファイル

 

細川町にお住いの山本さんは、新城市で生まれ岡崎市在住の愛知教育大学教 授であったご主人のところへ嫁いでみえました。家計の苦しい中、ご主人を支 えながら、3人のお子さんを育てられました。 家計の助けになればと、ご主人のお友達で市内の学校に勤務されている方か ら中学生の学習指導を勧められ、自宅で始めましたが生徒たちの努力もあり、 成績も徐々に上がりました。それに伴い、生徒の数も増えて規模が大きくなっ てしまったので、1980年学習塾「善性館」を設立されました。 「善性館」は岡崎市内に5 館にまで展開しましたが、家庭の事情もあり閉 館しました。現在は自宅のみにて「善性館」を運営しています。 1986 年、愛知県私塾協同組合の設立に協力し、理事長を2期歴任されま した。愛知県私塾協同組合は和歌山県に次ぎ全国で2番目に結成された学習塾 の組合です。

2009年「教育の原点は家庭教育にある。」「親が変われば、子どもは変わる。」 をモットーに「子育ての伝承」をしていきたいという熱い思いで「内閣府NPO全国家庭教育支援センター」を設立されました。 

現在でも、その情熱は衰えることなく活き活きと活動され ています。その秘訣を伺ってきました。 健康の秘訣は毎日のお仕事だそうです。目標、目的をもって毎日お母さん方 や色々な人たちとお話しができる、それが幸せであり、健康の源でもあるそう です。 趣味は海外旅行で、あまり観光客の行かないような場所が好きで昨年はグラ ンドサークル(アメリ力)やカナダなどに行かれました。現地では大自然や人々とのふれあいの中から工ネルギーをいただきリフレッシュして明日への活力 にしています。 

今後の目標について山本さんは、「団体の目的でもある教育問題を他者に押 し付けるのではなく、私たちすべての大人の責任としてとらえ、家庭教育の復権に向けた様々な活動を通じて、社会に貢献してまいります」との事でした。 今後ともまちづくり、人づくりのために、いつまでもお元気で頑張っていた だきたいと思いました。 

活動・イベント

ご連絡をお待ちしております。

山本先生:

急ぎの場合のご連絡:

 ch.1192yo@docomo.ne.jp

〒444-214 愛知県岡崎市細川町字窪地6-39
電話:0564-45-5802
〒445-0876 愛知県西尾市住崎町郷中61-9 
電話:090-7683-9446